ドラマ

刑務所のルールブックの動画を無料で視聴する方法|1話から最終回まで日本語字幕付き

刑務所のルールブックの動画を全話無料で見る方法

全話無料で見る方法 概要

・1話から最終話をU-NEXTの無料トライアル期間にイッキ見する

刑務所のルールブックはU-NEXTが見放題で配信しているので、上記方法がベストな視聴方法です。

 

\刑務所のルールブックを無料でイッキ見!/

無料トライアルはこちら

 

ユナ
刑務所のルールブックの動画を見たいんだけど、どこで見たらいいと思う?
U-NEXTが、日本語字幕付きで見放題で配信してるよ!
ソア
ユナ
めっちゃいい〜。U-NEXTってたしか無料でお試しできたよね?
うん、会員登録は超簡単だし、無料お試し期間は31日間もあるから、いろんな動画を視聴できるよ!
ソア

 

U-NEXTは解約も簡単!

解約も、いつでも簡単にできちゃいます。

31日間の無料トライアル期間中に解約する場合、月額料金は発生しないので安心してお試しできます。

今すぐ無料でお試しする

 

刑務所のルールブック 第1話から最終話までを無料で見る方法

U-NEXTの無料体験を利用して全話視聴する

刑務所のルールブックの第1話から最終話まで、U-NEXTで見放題で配信しています。

全話日本語字幕で視聴可能です。

 

U-NEXTでは、無料トライアル期間が31日間あります。

刑務所のルールブックは、『見放題』の対象作品ですので、この期間に無料で全話イッキ見することができちゃいます。

U-NEXTでは、無料トライアル期間と見放題配信をしているので、全話無料で視聴できます。

解約も数回クリックするだけの簡単操作で、無料トライアル期間中の解約は一切料金がかかりません

刑務所のルールブックだけではなく、他にも韓国ドラマが豊富に配信されていますので、お腹いっぱい視聴するのがおすすめです。

 

\刑務所のルールブックを全話無料で!/

U-NEXT無料体験はこちら

 

 

U-NEXTの仕組みを簡単に解説

U-NEXTは、現在見放題作品数No.1の動画配信サービスです。

株式会社U-NEXTは、おなじみの有線放送サービスを提供する株式会社USENの100%子会社なので、安心して利用することができます。

+ U-NEXTについてもう少し詳しく!

映画 / ドラマ / アニメなどの動画だけではなく、マンガ / ラノベ / 書籍 / 雑誌など幅広いコンテンツを配信中です。

31日間の無料トライアル期間のあとにも、引き続きU-NEXTを利用する場合、料金と利用できるサービス内容はこんな感じです。

U-NEXTの料金

月額1,990円(税抜)

  • 見放題作品の視聴
  • 雑誌読み放題サービス
  • 1,200円分の最新作レンタルやマンガの購入

U-NEXTでは『見放題作品』がとても充実していて、動画配信サービス他社との比較でも圧倒的に豊富なコンテンツを提供しています。

出典:U-NEXT

韓国ドラマをお得に見るならU-NEXTの一択です。

 

刑務所のルールブック 第1話~最終話までの動画情報一覧

刑務所のルールブックは全32話の構成となっています。

U-NEXTでは全16話に編集されています。

  • 第1話 動画
  • 第2話 動画
  • 第3話 動画
  • 第4話 動画
  • 第5話 動画
  • 第6話 動画
  • 第7話 動画
  • 第8話 動画
  • 第9話 動画
  • 第10話 動画
  • 第11話 動画
  • 第12話 動画
  • 第13話 動画
  • 第14話 動画
  • 第15話 動画
  • 第16話 動画

 

\U-NEXT公式でみる/

無料トライアルはこちら

 

刑務所のルールブック ストーリー

メジャーデビューを控えたスター野球選手・キムジェヒョク。韓国最高の抑え投手である彼のもとには、多くの球団からとてつもない金額のオファーが寄せられている。
彼はいつもファンと同僚を裏切らないグラウンドの上のヒーロー。しかし、ある日を境にみんなのヒーローから犯罪者へと転落。衣食住、すべて一から学ばなければならない刑務所生活!
『刑務所のルールブック』は、ある日突然刑務所に入れられたスター野球選手・キムジェヒョクの刑務所適応記であり、最悪の環境から再起を目指す復活記であり、刑務所というもう一つの社会での成長記だ。

第1話から最終話までの各話あらすじ

+ 第1話 あらすじをみる

メジャーリーグ進出を目前に控えた韓国野球界のスター選手キム・ジェヒョクは、妹に乱暴を働こうとした男を捕まえようとして、犯人に重傷を負わせてしまう。検察に起訴されながらも、正当防衛が認められると思われていた。しかし、一審判決では過剰防衛に該当するとして、懲役1年の実刑判決が下り、西部拘置所に収監されてしまう。同じ監房には、暴力団幹部"カルメギ"が収監されていて...。

+ 第2話 あらすじをみる

拘置所で一晩過ごしたジェヒョク。面会に訪れた弁護士は、二審では勝てるとジェヒョクを励ます。その後、母親と元恋人のキム・ジホも面会に訪れる。母親には心配するなと笑顔を見せるが、ジホには眠れなかったことや、食事のまずさなど本音を漏らす...。監房に戻ったジェヒョクは、カルメギの年長者に対する失礼な態度が気に入らず、殴ってしまう。そんな時、高校時代の親友で刑務官になったイ・ジュノと再会する。

+ 第3話 あらすじをみる

ジェヒョクは何とか拘置所の環境に適応し始めていた。ジュノはジェヒョクの拘置所生活を手助けしようと口うるさく助言をする。ジホやジュノの弟ジュンドルも面会に訪れ、ジェヒョクの控訴審の日を待ちわびていた。そんな中、自分を殴ったジェヒョクを恨んでいたカルメギはカッターナイフの入手に成功するのだが、その晩タイミングよく抜き打ち検査が行われ...。一方、チョ主任の行動にジュノは憤りを感じていた。

+ 第4話 あらすじをみる

いよいよジェヒョクの控訴審が行われたが、被害者が脳死と診断されジェヒョクに懲役1年の判決が下される。判決に対して悔しさを露にするジュノやジホの前で、ジェヒョクは大丈夫だと強がって見せる。拘置所生活も終わる頃、ジェヒョクは同じ監房に収監されているカルメギの手下"トルマニ"に突然左肩を刺されてしまう。一方、記者であるジュンドルのおかげで、拘置所での不正がテレビで報道され、チョ主任は逮捕される。

+ 第5話 あらすじをみる

ジェヒョクは西部刑務所に移送され、拘置所で出会ったユ・ハニャン(通称:ヘロリン)も同房となり、喧嘩の絶えない賑やかな新生活がスタートする。同じ監房のキム・ミンチョルたちは何か企んでいるようで...。そんな生活でのジェヒョクの心の支えは、面会に訪れるジホであった。法律が得意なコ・パクサは陳情書や請願書によって要望を通し、ミンチョルたちにチヤホヤされる。一方、木工場での刑務作業を科せられたジェヒョクは班長のヨムに気に入られる。

+ 第6話 あらすじをみる

木工場で工具が紛失し、犯人を名乗り出たのはジェヒョクであった。優しくジェヒョクをかばうヨムだが、実は怪しいウワサがつきまとう人物で...。一方、部屋ではハンバーガーをかけた戦いが繰り広げられていた。拘置所で負ったケガがもとで左手にマヒをきたしたジェヒョクは、キム所長にテレビのインタビューを受けることを条件に外部での診療許可を出すと言われる。ジュノはジェヒョクを助けるために西部刑務所に異動する。

+ 第7話 あらすじをみる

西部刑務所ではのど自慢大会が開催されることになり、一位には外泊の許可が下りるとウワサに。パクサは家族のために歌の練習に励むのだった。一方、未だに外部での精密検査を受けさせてもらえないジェヒョクは刑務作業に戻され、ヨムと再会してしまう。しかし、そこでジェヒョクは思いもよらない行動に出る。そんな時、ジュノはジェヒョクの元恋人がジホだったことを知り、刑務所を訪れたジホと再会する。

+ 第8話 あらすじをみる

なんとか検査を受けることができたジェヒョクだが、手術は受けられず回復も難しいことを知ってしまう。一方、のど自慢大会ではパクサが見事一位になる。しかし、外泊の件はただのウワサに過ぎず、パクサはキム所長からテレビのインタビューを受けるように言われる。自分の身代わりにされたパクサを救うため、ジェヒョクはインタビューを受けることにする。カメラの前に座ったジェヒョクは衝撃の言葉を発する。

+ 第9話 あらすじをみる

ジェヒョクの引退宣言は世間に大きな衝撃を与え、ショックを受けたジュンドルは引退に反対する署名を集め始める。しかしジェヒョクは頑なに発言を撤回しようとせず、野球への未練を断ち切るために自分が進むべき新たな道を模索していた。ジュノはジェヒョクに頼まれ、妹のジェヒに伝言を伝えに行く。ミンチョルは出所を間近に控えたイ・ジュヒョン(通称:バルジャン)が外部で刑務作業を行えるよう協力し...。

+ 第10話 あらすじをみる

抜き打ち検査で改造時計が見つかったジュヒョンは、オヤジと呼んで慕っていたはずのミンチョルに罪を着せてしまう。ジェヒョクはミンチョルを助け出すためにキム所長との面談を希望する。所長はジェヒョクの誕生日に温室に作った野球練習場をプレゼントし盛大に祝うが、ジェヒョクは喜ぶどころか激怒しこれまでの辛い人生を告白する。ジュヒョンが出所し新しく監房にやってきたのは、"悪魔のユ大尉"と呼ばれるユ・ジョンウだった。

+ 第11話 あらすじをみる

西部刑務所で運動会が開催され、ジェヒョクの運動神経に目をつけたカン・チョルトゥ(通称:カイスト)はさまざまな種目にジェヒョクを駆り出すのだが、足を使う種目でことごとく手を使うジェヒョクは反則による失格を繰り返してしまう。一方、ジュノはジェヒョクに野球をさせるため、ジェヒョクの主治医に会いに行き...。部下殺しのぬれぎぬを着せられ西部刑務所に送られてきたユ大尉は心の壁を作って誰も寄せ付けようとしない。

+ 第12話 あらすじをみる

刑務所のクイズ大会で怪しい笑みを浮かべるカイスト。パクサも奮闘するが優勝したのは...。ジェヒョクの野球人生を諦めきれないジュノとジホはジェヒョクを説得しようと策を練る。そんな二人の思いが届いたのか、ジェヒョクは投球練習を始める。ユ大尉は教育中に突然刑務官に襲いかかるが、実は発作で倒れた刑務官を救おうとしたのだった。何を言っても信じてもらえないと自暴自棄になっていたユ大尉だが...。

+ 第13話 あらすじをみる

ジェヒョクは面会に訪れたジホにもう来るなと突然言い放ち、ジホはひどく傷つく。木工場で新しく選ばれた班長は、悪徳刑務官と組んでジェヒョクたちに過多な作業ノルマを課す。受刑者たちは新しい班長のやり方に不満を抱き、パクサは陳情書を投書するが、悪徳刑務官にもみ消されてしまう。キム所長のおかげで木工場の班長を投票で選出し直すことになり、パクサの推薦でジェヒョクも立候補することに...。

+ 第14話 あらすじをみる

ジホを突き放したのは、ジェヒョクなりの不器用な優しさだった。票集めに苦戦していたジェヒョクだが、拘置所で出会ったキム・ヨンチョル(通称:ポプチャ)の助けで無事班長に選出される。一方、ジュノは夜遅くに1人で帰るジェヒが心配で、ジュンドルに彼女の迎えを頼む。リハビリの効果も虚しく左肩の調子が悪く、まともに球を投げられないジェヒョクだったが、右手でも投げられることが判明し復活の光が見える。

+ 第15話 あらすじをみる

パクサに横領の罪を着せた会社が再び過去の不法行為で世間をにぎわせる。パクサは謎の腹痛に苦しんでいた。同じ監房の面々やペン部長は心配するが、予算を惜しむナ課長は外部診療の許可を下ろそうとしない。パクサのために監房の皆で嘆願書を書くことにするのだが、馴れ合いを嫌うユ大尉は意地を張って書こうとせず...。その頃、ユ大尉の兄のもとにユ大尉の無罪の手がかりとなる一枚の紙が送られてくる。

+ 第16話 あらすじをみる

誰にも心を開かず陰うつな日々を送っていたユ大尉だったが、ペン部長には真実を告白する。嘆願書のおかげで病院に運ばれたパクサは、尿路結石と診断される。苦しむパクサのもとに上司から手紙が届くがその内容は...。自殺を図ったキム・ミンソンは未遂に終わるが、何に対しても自分を責めてばかりいた。ジェヒョクはそんなミンソンを励まし、ミンソンの仮釈放のため、ナ課長に取引を持ちかけるのであった。

+ 第17話 あらすじをみる

ユ大尉の兄は弟の無実を証明するため同部隊にいたチュ上等兵から話を聞き、当直の記録紙の送り主はチュ上等兵だと知る。ユ大尉はジェヒョクたちに少しずつ心を開く。木工場ではジェヒョクが班長になって以来作業がろくに進まなくなっており、キム所長はジェヒョクを園芸室に移すことを決める。一方、西部刑務所に新たな受刑者がやってきてジュノが担当することになるが、ルール以外無関心なジュノは...。

+ 第18話 あらすじをみる

あらゆる才能に恵まれたジュノだが、自分の選択に後悔してばかりだとジェヒに弱音を吐く。パクサは自分にさらなる罪を着せようとしたト部長に復讐を決意し、ジェヒョクたちも協力する。面会に訪れたユ大尉の兄は、パク一等兵を殺した犯人と事件の真相、そしてユ大尉が無実であることを証言してくれる人が現れたと涙ながらに伝える。野球の練習中に突然倒れたジェヒョクは、盲腸で手術を受けることに。

+ 第19話 あらすじをみる

手術を受けたジェヒョクのためにジュノはジホを呼び出そうとするが断られる。ジェヒョクも頑なにジホとの復縁を拒み、素直になれない2人にジュノは腹を立てる。以前より明るくなったユ大尉だが、ハニャンとは馬が合わない。ユ大尉の再審に向けユ大尉の兄はチュ上等兵に法廷での証言を頼もうとするのだが、電話がつながらず...。パクサは大田刑務所へ移送されることになり、ジェヒョクにプレゼントを残し去る。

+ 第20話 あらすじをみる

パクサが残していったノートは、細かく記録されたパクサお手製の練習日誌だった。チュ上等兵が証言を約束してくれ、ユ大尉の再審の準備が進められていく。そんな時、ミンチョルに面会希望者が来た。ミンチョルにとって初の面会者は...。トレーニングの末、球速140kmを叩き出したジェヒョクは嬉しさのあまり思わずジホに電話をかけてしまう。一方、ジホのもとに突然花が送られてくる。

+ 第21話 あらすじをみる

拘置所でジェヒョクの肩を刺したトルマニが西部刑務所に移送されジェヒョクと相部屋になる。2人の因縁を知った周囲はジェヒョクを護衛し、ジェヒョクはトルマニに命を狙われながらも、自身のトルマニに対する怒りを必死に抑えて生活を送る。一方、薬物依存症を治療中のハニャンは倒れてしまう。そんな時、ジェヒョクが復帰に向けて練習していることがマスコミに漏れ、インタビュー依頼が殺到する。

+ 第22話 あらすじをみる

ジェヒョクは面会に訪れたリュ弁護士に各球団との契約交渉を頼む。ハニャンは面会に訪れた恋人に、もうクスリには手を出さないと強く約束する。トルマニはジェヒョクの殺害計画を立て機会を伺っていたが、ミンチョルたちの護衛をくぐり抜けてついに行動に出る。我慢の限界を迎えたジェヒョクは、怒りに任せてトルマニを殴ってしまう。ジュノはジェヒョクが刑期延長にならないように必死でジェヒョクを止める。

+ 第23話 あらすじをみる

球団との契約交渉に奔走していたリュ弁護士が面会に訪れ、全球団がジェヒョクとの契約を望んでいることを伝える。思わずジホに電話するジェヒョクだったが、ジホは一方的に電話を切ってしまう。一方、入院中のトルマニは、ジェヒョクを陥れるために新たな策を練っていた。ジェヒョクはリュ弁護士に各球団との契約交渉を頼み、入団するための絶対条件として球団による徹底した情報操作を提示する。

+ 第24話 あらすじをみる

再審の準備を進めるユ大尉の兄は教授職を解任されながらも、チュ上等兵と共に証言者の説得に奔走していた。一方、ジェヒョクが球団に提示した条件に関係者は困惑し、一部では、ジェヒョクがマスコミを操ろうとしていると、よからぬウワサが広まってしまう。そんな時、刑務所内で火災が起こり、パニックに陥った刑務官のペン部長は全監房を解錠してしまう。ペン部長の懲戒処分と転出を訴えるナ課長にキム所長は...。

+ 第25話 あらすじをみる

ジェヒョクはジホに復縁を求めるため電話をかけ続けるが、一向に出てくれず焦りを募らせる。ジェヒョクから届く大量のメールにジホは...。トルマニを同じ監房に呼び戻し、自分の練習を手伝わせることを決めたジェヒョク。戻ってきたトルマニは、これまでのいきさつから心の壁を作っていたが、自分を許してくれた周囲の面々を慕い始める。ジェヒョクはトルマニから周りの悪党を引き離すため、ある秘策を立てる。

+ 第26話 あらすじをみる

"房コン"と呼ばれる、監房と監房の文通を始めたカイストとトルマニ。文通相手の女性が同一人物であることが判明するも、女性を諦めきれない2人は勝負をすることに。そんな時、カイストに面会者が訪れる。文通相手の女性だと思っていたカイストだったが、そこには元妻がいて...。ユ大尉は、兄から再審請求をしたと報告を受ける。一方、ジェヒョクはジホとの面会を心待ちにしているが、待機人数が多くなかなか面会できずにいた。

+ 第27話 あらすじをみる

カイストの退院が決まり、掃除を始めるジェヒョクたちだったが、カイストの行き先は西部刑務所ではなかった。そんな時、ミンチョルが仮釈放審査の対象に選ばれたという吉報が入る。ジェヒョクは球団との契約も済み、順調に復帰の道を辿っていたが、突然、ストライクを投げられなくなってしまう"スティーブ・ブラス病"にかかってしまう。ジュノは専門家を呼びジェヒョクに治療を受けさせるが効果が出ない。

+ 第28話 あらすじをみる

自分のせいで兄が学校を解任されたことを知り悩むユ大尉。一方、専門家の治療が全く効かず、いまだストライクを投げられずにいるジェヒョク。困り果てたジュノはジホに相談する。そんな時、6号棟で薬物取引が行われていたことが明らかになり、ナ課長の追及を受けた売人の受刑者はハニャンを利用することを思いつく。ある日、大邱刑務所から西部刑務所の園芸室に見学者が訪れる。そこには因縁のヨム班長がいて...。

+ 第29話 あらすじをみる

確実視されていた仮釈放が認められず落胆するミンチョルをジェヒョクたちは慰める。結果に納得のいかないペン部長は上層機関への抗議を考えるが、詳しい事情を知るキム所長に止められる。一方、研修のため大邱刑務所から西部刑務所へ一時的に戻ったヨム班長は、ジェヒョクからカネをゆすり取ろうと策を練っていた。待ちに待った出所の日となり、ハニャンは家族や恋人が待つ場所へと向かおうとしていた。

+ 第30話 あらすじをみる

ユ大尉が無実であるという記事が出て一気に世間の風向きが変わる。ユ大尉の兄は、オ兵長の居場所を突き止め、そこでパク一等兵の母親と遭遇する。一方、卒論のためにミンチョルに会いに来ていた女子大生の正体が分かり、幸せをかみしめていたミンチョルにさらなる朗報が届く。ジェヒョクをゆするネタに練習場の写真を撮ろうとしたヨム班長。しかし、ジホのアドバイスにより、すでに練習場は片づけられていた。

+ 第31話 あらすじをみる

ジェヒョクの出所が間近に迫る中、ヨム班長は脅しをはねのけカネを払おうとしないジェヒョクの周りを狙い始める。ミンチョルの特赦やユ大尉の再審を邪魔したうえトルマニが暴力を振るわれたことで爆発寸前だったジェヒョクだったが、ヨム班長が妹のジェヒへの危害まで示唆したことでジェヒョクはある行動に出る。出所を目前に控えたミンチョルは、ジェヒョクたちに出所後の事業のアイデアを披露するが...。

+ 第32話 あらすじをみる

ジェヒョクたちと挨拶を交わし、ミンチョルは出所して行った。そんな時、ユ大尉に再審の結果が届く。ジェヒョクはキム所長とナ課長に頼まれ、出所前にインタビューとPR映像の撮影を行う。インタビューで感謝している人々の名前を言うジェヒョクだったが、大事な人の名前が抜けていて...。ジュノはようやく、ジェヒと付き合っていることをジェヒョクに打ち明ける。ジェヒョクは出所を前にユ大尉、トルマニと最後の夜を過ごす。

 

実際に刑務所のルールブックを見た視聴者の感想・レビュー

最後まで楽しめるドラマです

40代女性

総合満足度
泣ける度
笑える度
トキメキ度
ハラハラ度

感想

大リーグも夢ではない実力を持ったプロ野球のキム選手は、襲われそうになった妹を助けようと犯人を追い、暴行が行き過ぎ逮捕されてしまう。情状酌量されると思いきや不運にも犯人が死んでしまったことで実刑を判決を受けたキム選手は、同部屋の囚人達と交流をもちながらその環境に適応し、彼らを味方につけ自身の正義を貫いていく様子はあっぱれ。頭がいいのか悪いのかわからない行動や囚人同士の喧嘩は笑えます。どん底に落ちても腐ることなく、囚人仲間や親友の刑務官に支えられながら再び野球選手を目指す姿や、キム選手を守ってくれる皆の様子は温かくなり、最後まで楽しめるドラマです。

U-NEXT公式をみる

 

キャスト・脚本

キャスト

パク・ヘス
チョン・スジョン
イム・ファヨン
チョン・ギョンホ
キム・ギョンナム
カン・スンユン
チェ・ムソン
パク・ホサン
チョン・ヘイン
チョン・ミンソン
イ・ギュヒョン

脚本

チョン・ボフン

 

相関図

公式サイトから引用(刑務所のルールブック 相関図)

 

*本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

© 2020 ジオグラ